NASAは火星に植民地を作るための住宅の最良のアイデアを明らかにする

NASAは火星に植民地を作るための住宅の最良のアイデアを明らかにする

米国の宇宙機関は、赤い惑星の探査のための生息地の開発に関連するプロジェクトを統合することを目的としたコンテストを開催した。火星に到達することは、すでに人類にとっての課題ですが、複雑な挑戦の第一歩に過ぎません。探検家は生存と快適性の条件が最低限必要であり、任務を完了することができます。

この側面について考えると、2014年にNASAはコンテストを開始しました 火星の土地で使用される住宅の製造における最高のアイデア。プロジェクトの広範な分析の結果、5つのベストイニシアチブが最終的に公開されました。

このコンテストの主な課題は、3Dプリンタから構築できる家のモデルを設計することです。構築が実行可能であることを実証するために、チームはこれらの家の一部を実際に開発しなければなりませんでした。そして、それは、専門家の視点から、 3D印刷は、リソースが不足している場所で構造を構築する最も簡単で最速かつ安全な方法です.

アイデアが承認されるためには、最低でも92平方メートル以上の設備が必要で、少なくとも4人が住むことができる十分なアメニティが必要でした。建物の建設は自主的に行われなければならないため、 探検家が火星に着くと、家は彼らを待っています.

今のところ、NASAのスタッフが受け取った最高のコンセプトは、アーカンソー州に拠点を置くZopherusというチームによって開発されたものです。 火星の同じ土地を「セメント」としてモジュールを作る それはハイブの形に収まるでしょう。

次の段階では、5人のファイナリストが自分のプロジェクトを開発し、2019年に開催される決勝に出席し、合計200万米ドルを配布することを競うことを意味します。課題は、プロジェクトの実際のモデルを作成することです。プロジェクトのモデルは元のサイズの3分の1にする必要があります。最高の勝利を祈ってください。

Like this post? Please share to your friends:
Deja un comentario

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: